2019年3月12日火曜日

水金地火木ドッテン


リーダの長田です。

今年の広島カープのキャッチフレーズは、上記の表題に「カープ」が続くとか。家族のように同じ方向に公転する太陽系の惑星に、家族のような絆で3連覇を遂げた広島球団をなぞらえたのだそうです。もちろん、オリジナルは「カイ」が続きます。(「カイメイ」とPluto冥王星まで入れたバージョン、Mercury水星、Venus金星、Earth地球、、、と入れた My Very Educated Mother Just Showed Us Nine Planets は、米国ではまだ健在かも知れません。)

この手の語呂合わせって、赤橙黄緑青藍紫(セキトウ、オウリョク、セイランシー)というのもあります(私は松田聖子ちゃんの歌で初めて知りました)けれども、こういうふうに7色にするのはニュートンがドレミファソラシという7つに当てはめただけで、世界では虹の7色という文化は少ないのだと聞きました、たしかNHKのチコちゃんから。そう言えば、音階も世界的には47抜きの5音音階が多いですよねえ。(なお、英語ではRoy G. Bivさんという人名にする覚え方が多いらしい。)

語呂合わせと言えば、天文学ではやはりOh, Be A Fine Girl, Kiss Meでしょう。恒星のスペクトルが、高温の青いものから低温の赤いものにかけてO型、B型、A型、F型、G型、K型、M型、と続くためでした。どうやらこれはHR図(図を参照)のRさん、つまりラッセルが発明したもののようです。ただ、男ばかりの天文の学界での語呂合わせではポリティカルにコレクトでなくなってきて、Only Boys Accepting Feminism Get Kissed Meaningfullyというのも出版されたようです。(そもそもこのスペクトル型というのが見いだされたのはキャノン女史らのおかげだということは置いておいて。)
一方で、M型よりもさらに低温の星が見いだされ、世紀の変わり目のあたりでL型、T型、Y型と名付けられ、これらのうち2つまでを入れ込んだ語呂合わせとして上記の文に続けてLovingly Tonightとなるのをウェブで見つけました。

かつてはこれに炭素星というちょっと珍しいスペクトル型としてR型、N型、S型があり、Right Now. Smack(今すぐ、チュッ)もあったはずですが、炭素星の分類は通常、C型とS型になったためか、すたれてしまいました。

さて、その炭素星が、せいめい望遠鏡の天文観測プログラムのトップバッターとして228日に観測されました。炭素星の中でも特殊な星で、13Cの同位体(普通の12Cに対して)が多いそうです。炭素星というのは、ヘリウム原子核4He3つくっついて12Cになる反応が暴走してそれが対流で星の表面に出て来た結果のはずなのに、こういう13Cの多い光球がどういう恒星進化の末にできるのか、やっと研究が進み始めた分野だと聞きました(連星が関与しているらしい)。せいめい望遠鏡のこれからに、どうぞ御期待ください!



By User:Spacepotato - Modified version of Image:HR-diag-no-text.svg, written by Rursus and modified by Bhutajata, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2093830




2019年2月22日金曜日

せいめい望遠鏡完成記念式典&祝賀会を開催しました!

こんにちは。広報・サイエンス担当の野上です。

せいめい望遠鏡が完成しました!という式典と祝賀会は昨年7月27日に行なうことになっていましたが、同月の大水害により延期ということになりました。そして先日、2月20日(水)についに開催されました。式典が15時からせいめい望遠鏡のドーム内で、祝賀会が17時から倉敷アイビースクエアでした。また、ドームの面積の制限により参加者数が限られてしまうため、浅口市健康福祉センターの多目的ホールで式典の中継放映を行ないました。さらに岡山まで行くのは難しいという方のために、京都駅のすぐ近くのキャンパスプラザ京都でも中継放映を行ないました。
また、せっかくなので「光赤外線大学間連携の意義とその成果、および京都大学岡山天文台せいめい望遠鏡の共同利用の開始について」の記者発表も行ないました。

参加者はこちらから招待状をお送りした方のみということにしましたが、その招待状をお送りした方は700名以上!天文学の現役の研究者はもちろん、既に退職された方や京大宇宙物理を卒業して就職した方、京大総長や理事、せいめい望遠鏡の建設にご協力いただいた工学系の研究者や企業の方々、文部科学省の方々、地元岡山県・浅口市・矢掛町などの国会議員や首長、議会、役場の方々、地元企業の代表者や地元の小中学校の校長などです。
そして京大附属天文台に多くのご寄付をいただいた方々や、せいめい望遠鏡の愛称を募集したときに「せいめい」でご応募いただいた、言わば名付け親の方々にも招待状をお送りいたしました。そして、式典と中継会場、祝賀会で、かぶりなしで約300名の方でお祝いをすることができました。そのうち、スタッフ側としては、京大附属天文台や宇宙物理学教室の教職員、京大本部や理学部の事務方、大学院生、学部生などなど、約70名程度でした。現地で参加はできなくとも、お祝いのメッセージを送っていただいた方々もおられました。ご参加いただきました皆様、そしてスタッフの皆様、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。




記者発表と式典には14社、25名の報道陣が取材に来られ、その日のニュースや次の日の新聞で取り上げられました。こちらで把握しているwebでの報道情報をまとめておきます。いつリンク切れになるかは各社の都合になりますので、リンク切れはご容赦を。

NHK京都

NHK岡山

RSK山陽放送(TBS系)

KSB瀬戸内海放送(テレビ朝日系)

讀賣新聞

日本経済新聞

産経新聞

共同通信

山陽新聞

山陽新聞


この式典に関しては、京大内で全学経費として予算の措置をいただいたことも記しておきます。

さて、式典は終了しましたが、せいめい望遠鏡の観測はこれからがスタートです。
皆さんのご期待に応え、いろいろな宇宙の謎を解明し、次世代の人材を育て、地元の発展にも貢献できるよう、努力を重ねていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。



2019年1月10日木曜日

最後の太陽

18年前の2000年12月31日、20世紀最後の太陽を御前崎の海岸でぼっちで眺めたプロマネの栗田です。
 あらためまして、あけましておめでとうございます。僕は天邪鬼でして、初日の出よりも最後の太陽(夕日)を楽しむようにしています。初日の出は確かに最初の太陽ではありますが、翌日も日は昇ってきます。でも冒頭の太陽は100年間で最後の太陽の姿だと思うと感慨深いものがあります。
 
下の写真は平成30年12月31日に同じく御前崎で撮影した水平線に沈む太陽です。つまり平成30年最後の太陽です。よく見ると太陽の高度と同じ高さの右側にうっすらと縦に伸びる虹が現れています。これは幻日といって空気中の氷に太陽光が屈折・反射して現れるもので、秋から冬の午後に時々見られます。写真では太陽は雲に隠れていますが、このあと日没寸前にしっかりとお姿を見せてくれました。
お恥ずかしいことに僕はこれが平成最後の太陽だと思っていましたが、そうではないのでした(新元号が5/1に発表されても遡って平成31年1月1日は新元号の1月1日と公式的には施行されるのだと勘違いしていました)。といわけで平成最後の太陽を見るために是非4月30日の夕日をあらためて眺めたいと思います。