2018年11月16日金曜日

パチンスキー氏の思い出

 先月、久し振りにポーランドを訪れました。ブラックホールに関する国際会議に出席・講演するためにです。その研究会の主催者代表マレック・アブラモウィッツ氏は、基調講演の中である先達の名前をあげ、「自分の研究の原点はここにある」と切々と述べました。その人の名はボーダン・パチンスキー、ポーランド出身の天文学者です。長らく米国プリンストン大学教授として世界の天文学研究に大きな影響を与えておられましたが、惜しくも10年ほど前に病に倒れ、帰らぬ人となりました。

 ポーランドには何度も訪れたことがあります。一回目は1990年、どういう年だったか覚えている人がおられるでしょうか。この前年、ベルリンの壁が崩壊しました。自由化された直後のポーランド訪問でした。

 「チェコスロバキアやユーゴスラビア(当時)など、数ある東欧諸国の中で、なぜポーランドだけが天文学研究で突出しているのだろうか?」ふとこういう疑問をもって研究者に聴きました。結局、答えはよくわからなかったのですが、「コペルニクス依頼の伝統が根付いている」としかいいようがなさそうです。

 その中でパチンスキー氏の貢献は大きかったと言えます。パチンスキー氏は、恒星進化からガンマ線バースト(宇宙最大の爆発)、重力レンズによる暗黒物質探査、そして宇宙論に至るまで、様々な分野で伝説的な足跡を残した偉人であります。そのパチンスキー氏に私は何度か会ったことがあります。一度目は1987年ごろミュンヘンの研究所で。「私がボーダン・パチンスキーです」と、まだかけだし研究者の私に世紀の大学者がぴょこんと頭を下げられたのです。飾らない人なのです。「私が最初に得た職は、天文台のアシスタントオブザーバーだった」といった身の上話も伺いました。その後、プリンストン大学でもお会いしました。私がブラックホールの研究の話をすると、(昔、その分野で業績をあげていた)パチンスキー氏は、なんとも言えない、何十年も帰っていない故郷を懐かしむような表情で「今、私は、ノスタルジーを感じている」としみじみとおっしゃったことを昨日のことのように思い起こします。


 天文学をやっていてよかったと思うことがいくつかありますが、こうした海外の、天文学史に名前を残す、人格的にも素晴らしい方々にお会いできたことは私の宝の一つです。

(嶺重 慎)





2018年10月26日金曜日

モルワイデ図法、正距方位図法、そして RIP, CCD

 リーダの長田です。

 全天を平面に表すとき、天空での面積が正しく表され、しかもあんまりゆがんだように見えない、モルワイデ図法がよく使われるように思います。○○天体の分布だったり、宇宙背景放射の微少ゆらぎなどもそれで描かれていると思います。こういうように、人名を付けるのはその人へのリスペクトという意味で良いことだとは思いますが、これがガウスなどという人になると「そりゃあもちろん正規分布」「複素数平面」「光学の定義」「いやいや電磁気学」などと、さまざまな分野の業績のために、実に紛らわしいことになってしまいます。

 その点、「正距方位」と言えば、距離も正しいし方位も正しいのだなあと、スッキリとわかるという利点がありますね。「正距方位」という感じで表せば、日本を中心として口径3m以上の光赤外線望遠鏡がどっちの方角のどの距離にあるか、ということも良くわかります(写真参照)。


正距方位図法っぽく表した、口径3m以上の光赤外線望遠鏡の分布(赤丸)。
インドネシアの西チモールには星印をつけました!

 
 さて、「赤外線天文学」という講義で、観測装置に使う光や赤外線のセンサーについて調べたことがあります。Alan Hoffmanたちが2005年にExperimental Astronomyという学術誌に書いた論文の最後のページの締めくくりは次のような写真でした。「写真術(1830頃-1990)」、「撮像管(1955頃-1985頃)」とともに「皆に愛されたCCD(1980頃-????)」という墓標があって、RIPと書かれていました。ラテン語の Requiescant in pace か英語の Rest In Peace か、とにかく「安らかに眠りたまえ」ということですね。(彼らの論文の趣旨は、マイクロプロセッサの微小化が進み、その技術を使う CMOS イメージセンサが発達してきて、もはや CCD の時代ではなくなりつつある、とのことでした。その2000年代半ばから、今はさらに1桁もプロセッサ製作の線幅は微小になって来ています!)
CCD にしても、2次元撮像素子という意味だと思っている人が少なくなくて、そうじゃないよと言うことから「赤外線天文学」の講義はスタートします。撮像センサの世界では(あるいは、撮像センサの世界でも) MOS だの FPA だの SCA だの ROIC だのと、3文字やそこらの、意味がわかりにくい略号だらけです。

 さすがに4000年の歴史を持つ大帝国の作り出した表意文字、かつては遺物だとして「日本語はローマ字で表記しよう」という運動さえあったようですが、ただものではありません。








2018年10月18日木曜日

歴史の重み

 こんにちは。サイエンス・広報担当の野上です。

 今年4月にせいめい望遠鏡を擁する岡山天文台が発足しました。
正式名称は京都大学大学院理学研究科附属天文台岡山天文台です。
ずらずらと漢字が続いていますが、京都大学の中の、大学院理学研究科の附属施設である天文台の、その中の組織として岡山天文台がある、ということです。そして附属天文台というまとまりで見ると、京都府京都市にある花山天文台、岐阜県高山市にある飛騨天文台、理学研究科のある京大北部キャンパスにある天文台分室が既にあって、岡山天文台は一番新しい施設となります。一つの大学で現役で稼働している天文台を3つ持っているところは日本では京大だけで、多分世界的に見てもほとんどないと思われます。

 ちなみに東大は木曽観測所とアタカマ天文台の2つですね。広島大学は東広島天文台を持っていて、チベットの5100mの山の上にロボット望遠鏡を置くプロジェクトを進めています。東北大学はハワイに遠隔操作ができるハレアカラ60cm望遠鏡を持っていて、南極天文台プロジェクトがあります(主導されていた市川さんが昨年度で定年退職されて、今現在どうなっているのか私は知りません。)。北海道大学は光赤外線の1.6mピリカ望遠鏡と、11mの電波望遠鏡を持っていて、鹿児島大学は1mの光赤外線望遠鏡と6mの電波望遠鏡を持っています。他にも望遠鏡単位で見ると複数の望遠鏡を持っているところはあるかもしれませんし、大学の屋上に数十センチくらいの望遠鏡があるというところだと、かなり多いと思われます。

 京大の天文台に話を戻すと、今年飛騨天文台が設立50周年を迎えます。
11月16日にその記念式典が飛騨で行われます。現在、式典の準備が急ピッチで進められていて、その中の一つで50周年記念誌の作成があります。50年の沿革や歴代職員リスト、新聞記事・写真などの記録、研究成果報告、OB/OGや関係者からの寄稿、論文リストなどなどの内容となっており、なかなかのボリュームになりそうです。歴代の職員リストで、教員、技術職員、非常勤職員、研究員まで含むと、約100名となるようです。もちろん望遠鏡のユーザーとしてこられた方やメンテナンスで来られた方、そもそもの建設に関わられた方などまで含めると、ものすごい数になるでしょう。

 50年の間に、望遠鏡も増え(設置順に60cm反射望遠鏡(1968)、65cm屈折望遠鏡(1972)、ドームレス太陽望遠鏡(1979)、フレア監視望遠鏡(1992; 2010年にペルーに移設)、太陽地場活動望遠鏡(2003))、観測装置も発展してきました。
それにつれて観測手法や観測テーマも広がっていき、研究が深まっていることが、記念誌を見ることでよくわかります。歴史の重みがひしひしと感じられます。

 そして来年には花山天文台が設立90周年となります。ということは、岡山天文台が10周年を迎えた次の年に、花山天文台設立100周年という大きな節目を迎えることになります。これまでの附属天文台の長い歴史を受け継いで、そしてまた将来を見据えながら、岡山天文台を含めて新たに歴史となるものを積み重ねていく、、、こう考えていくと、現在の構成員の一人として、神妙な気持ちになります。精進しようと思います。

 翻って、私が所属している同じ理学研究科の宇宙物理学教室。こちらの歴史は1907年に物理学教室に新城新蔵教授が着任して新設された、物理学第四講座に始まります。そう、今年は111周年のゾロ目年。
これまで宇宙物理学教室ではこういう周年イベントが行われたことはないと思いますが、記念誌を作っておくとよさそう。でも実際にやるのは大変なので言い出さないでおきます。



岡山天文台の雄姿。スリットに見えるのはせいめい望遠鏡





2018年10月9日火曜日

日本のタイムカプセル

 子どものころ庭に埋めたタイムカプセルを2日後に開けたプロマネの栗田です。
 
 先日、大阪府門真市にあるパナソニックミュージアムに行ってきました。懐かしいパナソニックの家電などが展示されているのですが、もっとも目を引いたのは巨大なタイムカプセルでした。このタイムカプセルは大阪万博での松下館に展示され、松下電器のプロジェクトとして1971年1月20日に5000年後つまり6970年へ送るカプセルとして大阪城の地下に埋められました。ミュージアムでは試験の意味もあって4個作ったカプセルのうちの一つと収納品が展示されています。本物の2個は今も大阪城の地下にあるのですが、うち1つ(2号機)はミレニアムのたびに内部点検のために開封され、1号機は5000年後までダイレクトに送られます。
 2000年に2号機は一度大阪城から輸送され、点検作業を行ったのですが、カプセルにはプルトニウムの原子時計が備えられているため、プルトニウムの扱いが厳しい現在では大変な作業で陸上輸送されたそうです。

 ここで、5000年保存するということを想像してみると、とても夢が膨らみます。どうやって保存するのか、大阪城、それどころか日本語や日本は存続しているだろうか?。5000年後の人類への影響は?現代の技術があればカプセルは不要なのでは?いやいややっぱり価値があるよね?そもそも管理されているタイムカプセルはタイムカプセルとして良いのだろうか?などなど。

 なお、このタイムカプセルは埋設後、松下電器から文科省すなわち日本政府に譲渡され、その管理を国が行っています。つまり僕のタイムカプセルでもあるのです。





2018年9月26日水曜日

姫路城

   惑星観測装置担当の山本です。

 2018年9月19日から21日まで天文学会2018年秋季年会が兵庫県立大学で開催されていました。兵庫県立大学は姫路駅からバスを利用して30分弱というところで、期間中悪天候なことも影響して、毎日帰りの便が大混雑しておりました。

 私は歩くのが好きな質なので、会期3日間の内1.5往復分は姫路駅付近の宿から会場まで徒歩で通っておりました。先述の通り雨が降っている日もありましたが、道の起伏も激しくなく、朝晩の運動にはちょうど良い距離でした。初日は講演が早く終わったこともあり、姫路の町の散策がてら、姫路城を訪問しました。

姫路城

 姫路駅と姫路城を繋ぐ大きな通りである、大手前通りはなかなかの迫力で、姫路駅の改札を抜けるとすぐに目の前に姫路城が見えるような町の造りになっており、玄関口の駅がビル群になっている東京、大阪、名古屋はもとより、観光都市である京都も、駅を下りてすぐ見えるのは京都タワーであり、いわゆる「京都らしい」風景は「焦らされる」事が多いので、姫路のすがすがしさはなかなか良かったです。

 とはいえ、真っ直ぐ通っているのは城下町のとおりだけで、お城の曲輪はさすがにグルグルしていました。右に左にの曲がり角には砦や門が待ち構え、高低差のある壁面の上には狭間があり、守備側は広い斜角で攻撃できる一方、細長くのびた攻め落とす側は遠回り、分断されてひとたまりもありません。人の動きを想定した構造があり、それらの構造に新たな機能や用途を付加させてより全体の構造を強化させていく。お城、と言うか城郭全体において、細かいところのデザイン(意匠)まで、まさにその通り、デザイン(設計)されており、面白かったです。

 さて、観測装置や、望遠鏡などを作っている我々も、それぞれの目的を達成させるために、様々なデザインを行っています。すでにせいめい望遠鏡は外部からの見学は自由ですし、今後ツアーなども開催されていく予定です。数百年前の城郭に当時の人々の意志や思想を感じるように、望遠鏡や装置にも考えを巡らせて頂ければ、より楽しくなるのではないでしょうか。


 さて、以下(さらに)どうでも良いことですが、前回、ある本に載っている505の京都の神社お寺を巡っている、と言うお話をしました(http://sarif-report.blogspot.com/2018/06/505.html)が、3ヶ月の間にも進行しまして、482箇所まで訪問済みの社寺を伸ばすことが出来ました。95%近いです。

色付き丸印は訪問済み、白丸は未訪問。
左上は愛宕山、地図中央右の大赤円が二条城、
右上大赤円が京都大学、右下大赤円が京都駅、左大赤円が渡月橋。

 前回から乙訓や長岡京、大原野の辺りの寺社を訪問できました。京都にやってきて5年目にもなるのですが、山崎のサントリーに行ったきりでほとんど通過するだけだった、これらの土地ですが、京都市街とはまた印象が変わり、のどかな風景に古刹名刹が現れる、という感じで、非常に散策のしがいがありました。金蔵寺や、善峯寺-楊谷寺などは本当にバスなども届かない山の中で、大原よりも観光客も少なく、静かなところから、京都の市街を見晴らすことが出来、良い気分転換にもなりました。
 
 後は本格的に京都市街から離れた社寺ばかりで、ここから数を伸ばしていくのはなかなか大変そうですが、愛宕神社と水尾のあたりまではウロウロしたいな、と思っております。


 それでは!



2018年9月3日月曜日

Vチューバー

  光学など担当の岩室です。

 今回は V チューバーの話です。
U チューバーという人々の存在は既に世の中の隅々にまで認知されているかと思いますが、最近、V チューバーなるものの存在を知り、どういうものか調べてみました。
どうやら、自分の代わりにアニメの3Dキャラ(アバター)を使って動画を製作して流す人たちのことで、顔出しせずにいろいろできるのと、見た目の萌え度が簡単に上げられるのが人気の秘密のようです。もちろん、"V" はバーチャルの V ですね。登場した当初は、特殊技能を持つ一部の人にしか扱えませんでしたが、最近は、ソフトが発達して素人でも製作することが容易になっているようで、「V チューバー 作り方」などで検索すると色々情報が出てきます。
フリーソフトでも結構作れそうだったので、「雛乃木まや」でせいめい望遠鏡紹介動画を作ってみました。





このアバターはキーボードで動かせるので、特別な機材なしで簡単に扱えるのがいいのですが、表情14種類と動き10種類の組み合わせでしか動けないので、まあ、入門編と言ったレベルでしょう。一連の動きをタイミング良くキーを押して何度か練習しないといけないのですが、動きをコマンドファイルで読み込めれば希望の動きが失敗無くできるのにな、と感じました。現状では上記程度の短い動画であれば問題ありませんが、1分を超えるものの場合、かなりの訓練を積まないと成功しないでしょう。
ちなみに、上記の動画は文字などは gimp、全体の合成は aviutl100 という全てフリーソフトだけで製作してありますので、時間さえあれば誰でもこの程度のものは作れる世の中になったという訳です。

ところで、上記が入門編であるなら、中級編、上級編は何かというと、中級編はモーションキャプチャで体の動きや顔の表情を取り込んでアバターを動かすもので、最近のスマホのコマーシャルでも流れていたやつです。顔の動きだけであれば、2次元情報で何とかなるのでカメラ情報だけで大丈夫なのですが、体の動きは3次元の情報が必要になるので、かなり高い専用器具が必要になります。
上級編は、顔にもセンサを付けて表情と動きの両方を再現するもので、ここまでくるとかなりの投資が必要になるのではないかと思われますが、チューバーは最終的にはここに行きつくのではないかと思われます。名人級では、更に声優を雇って声を吹き替えさせますので、もっとお金がかかりますね(吹き替えせずにおっさん声でギャップを楽しんでいる V チューバーもいるようですが...)

チューバーの使うアバターは特注で製作されており、そこにも結構先行投資しているのではないかと思われます。また、アバターをタレントのように売り出す商売もあるようで、アニメ制作の技術とプログラミング能力があれば結構ネット上で商売ができるのでないかと推察されます。そのうち、人間だけでなく動物や宇宙人のアバターも出てくるでしょうし、3D 写真から簡単に 3D アバターも作れるようになったり、超人的な動きのできるアスリートの 3D モーションデータが入手できたりするようになると思いますので、ますます V チューバーは爆発的に増加すると思います。

ところで、私は今回調べて実際に作ってどんなものか大体理解したので、これだけで満足してしまいました。毎回の締め切りに追われて、アバターで動画を作るなんてのは想像するだけで疲れちゃいますね...



---------------------------------------------------------------------


ところで、いつもの演奏会宣伝です。
今回はびわこアーベントロート合唱団という大津の団体と合同演奏会を行います。長い曲ですが、興味ある方はどうぞ。

20181021()
@びわこホール
びわこアーベントロート合唱団
京都混声合唱団
合同演奏会

J.S.バッハ作曲
マタイ受難曲




チケットなどの情報は<京都混声合唱団ホームページをご覧下さい。

2018年8月24日金曜日

火星大接近天体観望会@京大吉田南グラウンド:私家版顛末記


627日のブログで野上君が宣伝していた観望会の様子を、私の経験した範囲内で紹介しようと思う。
731日―82日の3日間、19時頃から21時頃にかけて京大の吉田グラウンドで観望会が開催された。附属天文台主催で、宇宙物理学教室、NPO法人花山星空ネットワーク、花山天文台の将来を考える会、京都大学宇宙総合学研究ユニットの共催だが、京大天文同好会の協力もあった。(場所を貸してくださった京大野球部にも感謝。)皆さんのご協力で望遠鏡は毎日10台近く出て盛況であった。観望だけでなく、ミニ講演も1日に4回行い、火星や惑星の紹介もあった。
731日は火星大接近の日だったが、20時をまわらないと高度も低くグラウンドからみてもまだあまり高くない。しかし、この期間は、19時頃にはまだ金星が宵の明星として輝いており、望遠鏡で見ると半月のような形に見え、びっくりする人も。更にその東側にはこれまた明るく輝く木星が。縞模様を見て多くの人が感動。ガリレオ衛星の解説を聞いて、ふーん、と感心する人も。更にその東側にはやや暗いものの土星が輝いており、これも望遠鏡で輪が見えて、喜んでいる人が多かった。なかには土星の衛星を見つけた人もいた。土星だけでなく木星の人気が高かったのは意外(?)だった。そうこうするうちに、火星がよい高さになってくるので、いよいよ待望のご対面となるわけだが、火星では、少し前から砂嵐が発生していて、模様があまりよく見えない時期であった。しかし、砂嵐も火星名物であり、それはそれでよい思い出になったのではないかと(勝手に)思っている。このように火星に限らず多くの惑星を見ることができてよかったのではないかと思う。
観望会開催前には、一体何人位が参加するのか?ちょっとでは寂しいけど、いっぱいだと望遠鏡等が足りないだろうし、と心配していたが、結局、来られた方は、731日(火)(火星大接近の日)には600名(カウンターで勘定しているのでかなりの精度)、81日(水)は460名、82日(木)は270名とだんだん減ってきたが(最終日は天気が少し悪かった)、合計約1300名となかなかの盛況だったと言えよう。望遠鏡には、多い時には10人程度の列ができていた。(少ない時には待ち時間なし。)夏休み前半のためか、小学生等小さなお子さんが多く、親子で感動されている方が多かったように見受けられた。また、小さな子供たちは盛んに素朴な質問をして、その関心の高さにも圧倒された。
最後に一つとてもびっくりしたことを。昔(10年くらい前らしい)、岡山の国立天文台の公開日に京都から手伝いに行ったことがあるのだが、その時私の話を聞いたという小学生がナント私の顔を覚えていて声をかけてきた。そして、「その時の話を聞いて頑張って勉強して京大理学部に入りました、3回生になったら宇宙物理に進みたい」とのこと。私は記憶にないのだが(すいません)、こういったことがあると公開・観望会等の一層の励みになる。

太田 2018820



                        観望会の様子(西村昌能氏撮影)