2020年5月22日金曜日

コロナIII

 光学など担当の岩室です。


 もう、最近はこの話題しかありません。前回情宣した京都混声の演奏会は当然中止となり合唱団の活動も事実上の休止状態ですが、東京から帰省していた娘がコロナの影響で帰れず、2か月近く京都にいる状況が続いています。今回は娘の大学で最近始まったオンライン授業でわかったことと、私が大学で始めたオンライン授業で分かったこと、受け手と送り手両方の側から見て気づいたことなど書きたいと思います。


1. 我が家のネット契約はひどいものだった
 我が家は20年近く前に結構離れた南側に建ったマンションのせいで、地デジ化のはるか前からケーブルテレビ(みやびじょん)です。その際に、一緒にケーブル回線を通してのネット契約もしたのですが、よく考えたらその後一度もその契約を見直していませんでした。まあ、私自身あまり動画を見ることもないし、はるか昔からテレワークに相当するネットの使い方をしていましたが、基本的には文字情報のやり取りだけなので、ほとんど通信速度は気になりませんでした。しかし、娘が自宅からオンライン講義を受講すると頻繁に止まってしまいます。この原因は安物の Wifi 性能にあるのではないかと思い、回線速度を計測する Web サイトで Wifi ありと直結とで測定したところ、なんとどちらも 22Mbps というびっくり数値でした。Gbps の時代でこれは遅すぎます。しかし、よくよく考えたらうちのネット契約は10数年前のスペックだという事に気が付き、契約内容を見直してみたら月額5千円以上払って 24Mbps という、業者にとってはウハウハの内容だったのです!(契約当初は、プライベートな Web ページを開設できるサービス付きで、個人ページも利用していたのですが、いつしかそのサービスも無くなってそのまま...) 早速、現在の基準での契約に改めたところ、ケーブルテレビのチャンネル増加+320Mbps でほぼ同額でした。
 ここでわかったこと:ネット契約は5年おきに見直すべし


2. 高性能マイクが品薄
 娘は声楽レッスンをリモートで受けることになるため、パソコンのマイクではまずいと思い、アマゾンでできるだけコスパの良さそうなマイクを探してみました。私が学生時代から時々使っていたマランツという会社のコンデンサーマイクを価格と信頼度で決めたのですが、到着まで3週間かかり、購入時は 6,400円だった価格が、今見ると 15,000円になっています。皆、自宅生活でのにわかユーチューバーが増えて、高性能マイクの需要が世界的に一気に高まったものと思われます。皆、スピーカにはこだわりがあっても、マイクの必要性をあまり感じない生活でしたからね...
 ここでわかったこと:品薄になりかかっていると思ったら即決すべし


3. 会議ソフトは CPU の負担が大きい
 大学生の使う PC なんてのは、Youtube が見れて Office ソフトが使えれば十分、ということで入門用の最安ノートしか与えていなかったのですが、使用するソフトによってはリモート講義を受けるには厳しいということがわかりました。京大ではリモート講義で zoom を使っていますが、娘の大学では4月末から一般に解禁となった Google Meet を使っています。ところが、このソフトはブラウザの内部で起動するため、ブラウザと合わせてかなりの CPU パワーを必要とするもので、Celeron の安物 CPU では常時 CPU が 100% 越えとなり、使用に耐えません。さらに、Firefox との相性は最悪で、画面共有を Firefox が許可しないため、接続先が共有しようとするとフリーズしたような状態になります(それが判明してからは Chrome から起動するようにしましたが...)。ぞれに対し、zoom は安物 CPU でもギリギリ大丈夫なようです。セキュリティには難ありですが安定して講義内容を伝えるには zoom の方が優秀だと感じました。Google Meet を安定して使うためには Core i5 以上が必要なようですので、なかなかこれをリモート講義の標準として使うには PC の性能としての敷居が高いですよね...
 ここでわかったこと:Google Meet は重い!


4. Windows のシステム更新に注意
  5月中旬にかなりの大きな更新が Windows10 に入りましたが、正にその時が私の1コマ目の講義の開始15分前でした。ただでさえ非力なノート PC での講義なので、バックグラウンドでのシステム更新はつらいと思い、更新を7日間一時停止というモードに切り替えたところ、いきなり途中まで進めていた更新を戻す作業が始まり、何もできない状態になってしまいました。急遽、自分の個人用ノート PC を持ってきてカメラとマイクを接続して始めたのですが、超ドタバタでした。zoom を使っていたとしても、非力な PC ではリモート講義のタイミングと Windows のシステム更新のタイミングがぶつからないように気を付けないといけないので、ここでも高性能な PC の必要性を感じました。いつも使っている講義用のノート PC が使える状態になっ たのはモード切替後40分近く経ってからだったので、バックアップの PC が無かったら致命的です。同じ状況で講義や会議ができなかった人は世の中に沢山いるのではないでしょうか。
 ここでわかったこと:更新プログラムインストール中に7日間一時停止すると最悪


5. リモートでの評価は大変
 どこの大学でも今年度の前期試験は取りやめになっているかと思いますが、この状態で正しく評価を行うには、とにかく、自筆で多く書かせて提出させるしかありません。何だか昔の小学校の漢字の宿題のようです。でないと、すぐに模範解答ファイルが出回ってそれぞれがちょっとだけ修正したものを提出するでしょう。なので、私の講義は全て自筆で書いたものを写真またはスキャンして提出にしています。また、毎回図を描くものを含めた A4 1枚程度の課題を出すようにしているので、たとえ模範解答が出回っても、自筆で書き写すだけでそれなりに勉強になるはずです。但し、このやり方は見る方が大変です。100名を超える学生から毎週 A4 サイズにびっしり書かれた課題が提出されるので、頻繁にチェックして提出されたものを片っ端から採点して返却しないと、すぐに溜まってしまいます。しかも、紙ではないので、いちいちファイルを開けないといけません。テレワーク中はかなりの時間をこれに割けるのでまだいいですが、解除になって実験とか始めると結構厳しいかもしれません... それにしても、筆記のできない入試などありうるのでしょうか?
 ここでわかったこと:正当な評価はやはり筆記試験がベスト


 それにしても、夏の甲子園も中止となってめちゃめちゃ気の毒です。全国を8ブロックに分けてそれぞれの地方でベスト8まで進め、準々決勝からのみ甲子園で行えばいいかと思うのですがどうなんでしょうかね。他にもコロナ対応に関しては言いたいことが色々あるのですが、大学教員なんてのはこの状況で最も恵まれている職業だと思いますので、文句は言えない立場です。この先、所得税を大幅 UP して大学教員を含め収入があまり減らなかった人たちからぶん取ってもらいたいと思います。



2020年4月13日月曜日

コロナ II(オンライン講義@京大)


サイエンス担当の野上です。

前回の栗田さんの記事に続き、今はやっぱりこれを取り上げざるを得ない、ということでコロナウイルスです。本当なら、「新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!」から入りたかったのですが、おめでたい感じには全くならない新年度開始です。新型コロナウイルスに感染しないこと、あるいは自覚症状がなくても感染している+ウイルスをばらまく可能性というのを考えると、不要不急の外出はしない、そしてなるべく他人と会わない、ということが一番の基本になります。

じゃあ、大学としてはどうするか?となると、講義と会議はできる限りオンラインで、ということになります。これなかなか大変ですね。

たぶん多くの大学でもそうだと思いますが、今現在(この原稿を書いているのは2020413()午前)で、京大でもどうやって実施するのかてんやわんやです。

オンライン会議は結構行われているので問題なさそうに思われるかもしれませんが、なにせ京大だけで1学年3000人くらいいて、講義が始まる時間あたりに接続が殺到するわけです。オンライン会議システムそのものや京大のネットワークが大丈夫なのか?というのは、検討は十分にしてみても、実際にやってみないとわからないところもあります。もとからパワーポイントなどのプレゼンアプリを使って講義をしている場合は、それを参加者全員のPCの画面に表示させるようにして講義ができるかもしれません(それでも多分、学生の反応が直接見えないので一方的な説明になりがち)が、黒板に板書しながらの説明の場合はどうするのか?予備校のネット講義のように専門のカメラマンが付くわけではないので、カメラは固定です。黒板のどの範囲は映るか、参加者のPC上で読める大きさや線の太さの字になっているか、声がちゃんと聞こえてるのかとか、これまでとは違うところに気を使わないといけません。学生からの質問は受けられるのか、レポートの提出はどうするのか(京大はこれまでレポートは紙で出させるのが普通で、ネット上で集めるシステムをほとんどの教員が使ったことがなかった、という「遅れた」大学であることが判明!)、試験はどうするか、そもそも実習・実験はどうする?等々、検討事項や懸念事項はたくさんあります。

それでもともかく、講義ができるよう努力中です。もちろん実行しながら改善を図ることになります。そして、京大全体としての対応も様々な状況で今日にも変わるかもしれず、用意してきたオンライン講義のやり方をゴロっと変えないといけない状況も考えられます。もし京大生がこれを読まれていたら、講義が始まらんけどセンセもただサボってるわけじゃなく頑張ったはるんやな、と思ってもらえれば幸いです。

では皆さん、手洗いうがいをしっかりして元気に過ごしていきましょう!

今回は動画でピコ太郎のPPAP-2020を。



2020年3月27日金曜日

コロナ

プロマネの栗田です。


コロナウィルスってどうしてこのような名前が付いているのか調べてみたら、見たまんまでした。太陽のコロナと似ているからだそうです。太陽のコロナとは皆既日食の時に太陽の周りに見えるトゲトゲした光です。実態は高温のガスでなんと100万℃もあります。


Wikipediaより


Wikipediaより


2020年2月27日木曜日

Web での個人識別

光学など担当の岩室です。


今回は Web での個人識別の話です。
私の所属している京都混声合唱団では、4/18()に創立95周年演奏会を行なうのですが、少しでも来場者を増やすために、ホームページ上で抽選を行って当選者にチケットをプレゼントする企画をすることになりました。そこで問題となるのが、同一個人が何度も抽選を行なうのをどのように阻止するかです。何度も抽選を許すといくらでもタダでチケットを出すことになり、オークションに出品して小遣い稼ぎをする人々のターゲットになってしまいます。


サーバ側で個人を識別するには幾つかの方法があります。


1:住所と名前を書いてもらう
名前は偽名を使えばいくらでも増やせるし、住所は簡単には書きたくないですよね。


2:メールアドレスを書いてもらう
これは実際にそこに送信して届いてこそ識別の役に立ちます。


3:IP アドレスを読み取る
サーバ側で接続元の IP アドレスを読み取り、それで識別します。しかし、一般のプロバイダはグローバル IP を使いまわしており、モデムを暫く使わない状態が間に入ると次回接続時に別の IP が割り当てられます。運が悪いと、過去に接続した別人と間違われることになります。


4:ブラウザの Cookie 情報を読み取る
Web サーバはユーザが接続してきた際、ユーザが使用しているブラウザに Cookieを食べさせることができます。また、接続してきたブラウザが、過去に自分のところのCookie を食べているかのチェックもできます。これにより、初回の利用なのか2回目以降なのかが判別できますが、ブラウザ側で過去の Cookie 履歴が消去されてしまえば初回接続と同じ事になります。


5:ブラウザーフィンガープリントを読み取る
個々のユーザはそれぞれ異なるスペックの PC とブラウザの組み合わせを使っており、 細かいソフト的な設定情報まで収集して照合すれば、完全に同じものとなる確率はほぼ0にできるそうです。これを用いた照合技術をブラウザーフィンガープリントというもののようですが、これも、ブラウザのプラグインを1つ変えるだけで変わってしまうようです。


接続元の Mac アドレス(ネットワークに接続している部品の識別番号)が参照できればそれも使えそうなのですが、Mac アドレスは同一のサブネット内でしか参照できないため、利用できません(Mac アドレスをソフト的に差し替える事も可能なので使えたとしても完全には信用できませんが)

というわけで、結局は上記2のメールを基本とし、3,4に関しても補助的に利用するというやり方を取ることにしました。メールによる認証は、乱数生成の URL を送信して一定時間内にそこにアクセスがあったかどうかで認証するのが通常ですが、抽選の場合は最も肝心な抽選結果そのものをメールで送信してしまえばいいので簡単です。視覚的に楽しいルーレット抽選とかに比べて全くワクワク感がないですが、実用的には十分です。



実際の実装には、最もシンプルで実績のある cgi フォームメールの POST-MAILに、cgi アンケート投票システムの Web Enqueteのログ収集・Cookie チェック機能を付け加えたものを作り、乱数で抽選する部分を一行加えたものです(5も入れたかったのですが、無料の cgi スクリプトを発見できませんでした)。名前とメールアドレスを記入して確認ボタンを押すと、過去の抽選記録のメールアドレスと IP アドレスを照合し、どこにも同一のものが無ければ抽選を許可します。抽選ボタンが押されて抽選が行われた後に Cookie をチェック、過去に Cookie を食べていなければ Cookie を食べさせて抽選結果をメールで送信、Cookie を食べていれば抽選は取りやめ、という流れです。

ここまで頑張って識別を行なっているのですが、これまでに明らかに同一人物と見られる人から最大3回の抽選がありました(残念ながらその方は3回ともハズレだったのですが)。メールアドレス・IP アドレス・ブラウザを3回とも全て変えて抽選しているので、なかなかの強者です(ブラウザは Cookie 履歴を削除するだけで良かったのですが...)。こういう無料抽選サイトを良く利用している方なのかもしれません。ちなみに、今回のプレゼント企画には当選者にも最後の仕事があって、郵送で受け取るための自分の住所を宛名欄に書いて切手を貼った封筒を、指定の住所に郵送しなければならない、としているところです。これにより、多少の出費と手間を要求しますので、オークション転売目的の完全無料で入手しようとしている人のヤル気を削ぐことができます。


今回の企画は過去にやったことのない企画なので、これから演奏会までの2ヶ月弱の間に何が起こるかわかりませんが、予想外の問題が起こったらまたこのブログのネタにさせてもらおうかと思います。


というわけで、京都混声合唱団 創立95周年演奏会の宣伝です。






2020418 14時開演
京都コンサートホール 大ホール
京都混声合唱団 創立95周年演奏会
G.フォーレ作曲 「レクイエム」
J.ラター 作曲 「レクイエム」
指揮 :小玉晃
唱 :松下悦子、小玉晃
管弦楽:音登夢管弦楽団



 

 (フォーレ「レクイエム」は1893年ラター校訂版、アンコールとしてラターがハープを加えて編曲したフォーレ作曲のジャン・ラシーヌの賛歌も演奏します)です。興味ある方は京都混声合唱団ホームページをご覧下さい(もう暫くはチケットプレゼントやっています)