2018年9月3日月曜日

Vチューバー

  光学など担当の岩室です。

 今回は V チューバーの話です。
U チューバーという人々の存在は既に世の中の隅々にまで認知されているかと思いますが、最近、V チューバーなるものの存在を知り、どういうものか調べてみました。
どうやら、自分の代わりにアニメの3Dキャラ(アバター)を使って動画を製作して流す人たちのことで、顔出しせずにいろいろできるのと、見た目の萌え度が簡単に上げられるのが人気の秘密のようです。もちろん、"V" はバーチャルの V ですね。登場した当初は、特殊技能を持つ一部の人にしか扱えませんでしたが、最近は、ソフトが発達して素人でも製作することが容易になっているようで、「V チューバー 作り方」などで検索すると色々情報が出てきます。
フリーソフトでも結構作れそうだったので、「雛乃木まや」でせいめい望遠鏡紹介動画を作ってみました。





このアバターはキーボードで動かせるので、特別な機材なしで簡単に扱えるのがいいのですが、表情14種類と動き10種類の組み合わせでしか動けないので、まあ、入門編と言ったレベルでしょう。一連の動きをタイミング良くキーを押して何度か練習しないといけないのですが、動きをコマンドファイルで読み込めれば希望の動きが失敗無くできるのにな、と感じました。現状では上記程度の短い動画であれば問題ありませんが、1分を超えるものの場合、かなりの訓練を積まないと成功しないでしょう。
ちなみに、上記の動画は文字などは gimp、全体の合成は aviutl100 という全てフリーソフトだけで製作してありますので、時間さえあれば誰でもこの程度のものは作れる世の中になったという訳です。

ところで、上記が入門編であるなら、中級編、上級編は何かというと、中級編はモーションキャプチャで体の動きや顔の表情を取り込んでアバターを動かすもので、最近のスマホのコマーシャルでも流れていたやつです。顔の動きだけであれば、2次元情報で何とかなるのでカメラ情報だけで大丈夫なのですが、体の動きは3次元の情報が必要になるので、かなり高い専用器具が必要になります。
上級編は、顔にもセンサを付けて表情と動きの両方を再現するもので、ここまでくるとかなりの投資が必要になるのではないかと思われますが、チューバーは最終的にはここに行きつくのではないかと思われます。名人級では、更に声優を雇って声を吹き替えさせますので、もっとお金がかかりますね(吹き替えせずにおっさん声でギャップを楽しんでいる V チューバーもいるようですが...)

チューバーの使うアバターは特注で製作されており、そこにも結構先行投資しているのではないかと思われます。また、アバターをタレントのように売り出す商売もあるようで、アニメ制作の技術とプログラミング能力があれば結構ネット上で商売ができるのでないかと推察されます。そのうち、人間だけでなく動物や宇宙人のアバターも出てくるでしょうし、3D 写真から簡単に 3D アバターも作れるようになったり、超人的な動きのできるアスリートの 3D モーションデータが入手できたりするようになると思いますので、ますます V チューバーは爆発的に増加すると思います。

ところで、私は今回調べて実際に作ってどんなものか大体理解したので、これだけで満足してしまいました。毎回の締め切りに追われて、アバターで動画を作るなんてのは想像するだけで疲れちゃいますね...



---------------------------------------------------------------------


ところで、いつもの演奏会宣伝です。
今回はびわこアーベントロート合唱団という大津の団体と合同演奏会を行います。長い曲ですが、興味ある方はどうぞ。

20181021()
@びわこホール
びわこアーベントロート合唱団
京都混声合唱団
合同演奏会

J.S.バッハ作曲
マタイ受難曲




チケットなどの情報は<京都混声合唱団ホームページをご覧下さい。